小川 伊作 OGAWA Isaku

イメージ

詳しい学位や業績に関しては、以下の研究者情報をクリックしてください。

メールアドレス

ogawa●oita-pjc.ac.jp

※スパムメール防止のため、メールアドレスは「@」を「●」で表示しています。
メール送信時には半角「@」に変更してください。

オフィスアワー

<前期>
  • 水曜日の昼休み(12:10~13:00)
  • 金曜日の昼休み(12:10~13:00)
<後期>
  • 火曜日の昼休み(12:10~13:00)
  • 水曜日の昼休み(12:10~13:00)
  • 木曜日の昼休み(12:10~13:00)
  • 金曜日の昼休み(12:10~13:00)

プロフィール

準備中です

担当授業内容

西洋音楽史:リュートとその音楽。16世紀のスペイン音楽、特にビウエラとその音楽
音楽理論:旋法理論;対位法理論

担当科目

  • 音理演習I・II・III・IV
  • 西洋音楽史
  • 西洋音楽史特講
  • 音楽の歴史
  • 対位法I・II
  • 楽書講読
  • 専攻科:音楽研究I・II・III・IV
  • 音楽史特論A・B
  • 音楽史特別研究

所属学会・社会活動

日本音楽学会
音楽理論研究会
音楽図書館協議会
アメリカ・リュート協会
イギリス・リュート協会

主な業績

  • 『音楽中辞典』(共著 音楽之友社 2002年4月)
  • 「フーガ分析試論―J.S.バッハ:平均律第1巻第1番BWV846のフーガを例にミクロ的分析の試み―」(単著)
    大分県立芸術文化短期大学研究紀要』第41巻pp.105~119. 2003年12月
  • 「ビウエラ研究序説」(単著)大分県立芸術文化短期大学共同論集
    『日欧文化社会史研究』pp.1~29. 2004年3月

メッセージ

日本では音楽に対し、理論的学問的アプローチを試みることが、一般的ではないかもしれません。特に高校までの教育の中ではなおざりにされてきた感があります。けれど音楽という、感性に密着し、そこからわき上がってくる音楽を、少し距離をとってみると、思いもかけないたくさんの発見に出会うことができます。そのような経験を通して接する音楽は、以前にも増して感動深いものになると思います。私は音楽を時間の流れに沿って考える歴史的方法、システムとして考える理論的方法の両面からとらえ、同時に研究テーマである時代の音楽を自分で演奏するなど、多角的に音楽に取り組んでいます

個人ウェブサイト