メディアデザイン

デザイン専攻:メディアデザインコース

 メディアデザインコースを選択する学生は、様々なグラフィックアプリケーションを習得したうえで、実践的な課題制作に取り組みます。特に現代のデザインの現場では様々なソフトを組み合わせた多様な表現が求められます。そのため本コースではグラフィックイメージや印刷技術を組み合わせた多様な表現を志向するグループとCGアニメーション映像制作及び3DCGを活用したビジュアルイメージの作成を志向するグループに分かれ、専任の教員が徹底した個人指導を行うことから、巧みな表現技術と豊かな創造力を養い、実社会で新しい価値を提案できる実践的なクリエーターの育成を目標としています。

メディアデザイン分野

担当:准教授 鈴木 慎一
 3DCGを広告デザインに活かす、CGデザインビジュアリゼーションの教育と、3DCGを駆使したコンピューターアニメーションの教育を行います。Luxology社Modo、Zbrushなどを導入しています。

  • 3DCGアニメーション
  • CGデザインビジュアリゼーション

教員メッセージ

鈴木 慎一写真

 現代(いま)のデザインの世界は、ありとあらゆる表現が可能になってきたと同時に、自分から世界に向けて発信することが可能になってきました。昔は陽の当たらない存在だったアニメーションも自分で創れてあたりまえ、そして、その作品の質が高ければ世界中で視聴される時代になっています。本学メディアデザインでは、皆さんの希望に応じた2つのコースを用意しています。1つはCGソフトの操作を通じてCGアニメーションの作成やCGイラストレーション、デジタル造形師の育成を目指すコース。2つめは従来の手描きによるイラストレーションやフォトショップを利用した写真表現、デジタルプリントや版画表現など印刷メディアでの表現を目指すコースです。とにかく「コンピューターで何か描きたい、映像で動かしたい、CGで造形したい」と漠然と考えている人に「はまるカリキュラム」を用意しています。

デザイン専攻 准教授 鈴木 慎一

 

 

グラフィックアート分野

担当:准教授 於保 政昭
 複製芸術メディアの技法を活用して、独創的な世界を目指すグラフィックアート、写真、版画と一般性のあるデザイン、イラストレーションなどを横断的に学ぶことで、グローバルな視点をもった「アイデアを考え、モノを作るアーティスト」を目指します。また社会意識と実践的スキルを企画展制作やアートプロジェクト等に参加し学んでいきます。

  • グラフィックアート
  • 写真・版画
  • イラストレーション
  • アートプロジェクト

 

グラフィックアート分野・ゼミ学生作品【短大/専攻科】

 

「平面別府」
デジタルイラストレーション
インクジェットプリント
「空隙」
オイルパステル
「境界をまたぐ」
インクジェットプリント
アクリルマウント

 

「state」
シルクスクリーン
インクジェットプリント


「categorize」
インスタレーション/映像
パフォーマンス

「母胎」
インクジェットプリント
アクリルマウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフィックアート分野【学外活動・アートプロジェクト】


【地下道アートプロジェクト】
大分市観光協会委託事業


【地下道アートプロジェクト】
nerve glyph(ナーブグリフ)
インクジェットフィルムプリント

【地下道アートプロジェクト】
25mの地下道設置にバックライトディスプレイ

【ようを+アートプロジェクト】
小学生とのワークショップ

【ようを+アートプロジェクト】
おおいたトイレンナーレプレイベント

【ようを+アートプロジェクト】
小学生と大学生「アートを語る」トークイベント


【まちなかトマソン面白写真展】
大分市美術館関連事業


【まちなかトマソン面白写真展】
まちなかトマソンツアー

【まちなかトマソン面白写真展】
南伸坊氏、松田哲夫氏講評会

Facebook


大分県立芸術文化短期大学 美術科 メディアデザイン OHO’s LAB