作曲コース

作曲は、あらゆる技法を習得する訓練でもあり、自ら技術を習得し、それを生かし、応用する能力を身につけます。

Admission Policy 求める学生像

大学で専門的に作曲の勉強をしたい人

カリキュラム

コース別履修科目

  • 作曲I
  • 作曲II
  • 作曲III
  • 作曲IV
  • 作曲技法研究
  • 作曲技法特講

共通必修科目

  • 音楽理論
  • 西洋音楽史I
  • 指揮法
  • ソルフェージュI
  • 合唱I
  • 卒業演奏または卒業研究

選択科目

  • 和声学I・II
  • 和声アナリーゼ
  • 和声アナリーゼ演習
  • 対位法I・II
  • 西洋音楽史II
  • 作曲法
  • 吹奏楽法
  • 吹奏楽演習I・II
  • 学内演奏
  • 合唱II
  • 合奏
  • 邦楽演習
  • 伴奏実技I・II
  • 伴奏法I・II
  • ソルフェージュII
  • スコアリーディング
  • 楽書購読
  • 音楽美学
  • 日本音楽史
  • オーケストラI・II
  • 弦楽合奏I・II
  • 管弦打特講I・II
  • 音楽科教育法

▲授業風景

▲卒業作品発表会

教員紹介

専任教員

教授 河野 敦朗

東京藝術大学卒業。現代音楽をはじめ、さまざまなジャンルで作品を発表、「同声(女声)合唱とピアノのための『BLUE』」など、楽譜出版も行う。2008年に開催された「チャレンジ!おおいた国体」では開会式音楽を担当した。また、オーケストラ等のアレンジも数多く手がけている。授業では作曲を担当、音楽の分野を中心とし、種々の音楽のスタイルの中から新しい音楽の創造を試みている。

教員メッセージ

作曲に関する勉強(メロディー・ハーモニー・楽曲構成)は、クラシックに限らず、どんなジャンルの音楽の作曲やアレンジや、すべての音楽活動に必要なことです。そういった徹底して身につけた専門的な音楽の基礎や能力は、将来にとってきっと自身の誇りや自信につながることでしょう。大学の2年間は短いですが、そうして純粋に音楽に取り組み自分を成長させる時間は、きっとかけがえのないものになると思います。

作曲コース 教授 河野 敦朗

取得可能な資格

中学校教諭二種免許状(音楽)

目指せる主な職業

中学校教諭(音楽)/音楽教室講師 等