宮添 奈央子 MIYAZOE Naoko 

イメージ

詳しい学位や業績に関しては、以下の研究者情報をクリックしてください。

メールアドレス

miyazoe●oita-pjc.ac.jp

※スパムメール防止のため、メールアドレスは「@」を「●」で表示しています。
メール送信時には半角「@」に変更してください。

 

オフィスアワー

<前期>
  • 火曜日の昼休み (12:10~13:00)
  • 木曜日の昼休み (12:10~13:00)
<後期>
  • 月曜日の4限後半(14:40~15:25)
  • 金曜日の5限前半(16:20~17:05)

 

プロフィール

別府市出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻、及び研究科修了。
ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスタークラス修了。マイスターディプロマ(ドイツ国家演奏家資格)取得。
第2回園田高弘賞ピアノコンクール(大分)優勝。第48回ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)第6位入賞。ボルツァーノ管弦楽団と協奏曲共演他、同地で3回のピアノリサイタルを行う。 帰国後、ソロリサイタルを東京、岡山、津山、諫早、大分、別府で開催。2014年東京トッパンホールでの“ピアニスト園田高弘没後10年を偲んで”ピアノリサイタルでは音楽雑誌「音楽の友」で批評が掲載された。また、その時の録音のCD「杉目奈央子ピアノリサイタルライヴⅢ」は音楽雑誌「レコード芸術」にて準特選版に選出された。

室内楽や声楽、ヴァイオリン、チェロ、フルート、ホルン、クラリネット等の伴奏も積極的に行う。
特に2010年、チェロのダヴィッド・ゲリンガス氏の伴奏を務め好評を博した。九州交響楽団、大分交響楽団、別府市民交響楽団とのピアノ協奏曲の共演も多い。2014年、大分市・武漢市交流35周年記念大分交響楽団演奏会では中国・武漢市にてベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のピアノソリストを務めた。
「杉目奈央子リサイタルライヴ」「杉目奈央子リサイタルライブⅡ」「~園田高弘没後10年を偲んで~杉目奈央子ピアノリサイタルライヴⅢ」accustikaレーベルよりCD3枚リリース。

 

研究テーマ

今年はピアノデュオをメインに研究、演奏を行います。

 

担当科目

  • ピアノ実技
  • 伴奏法
  • アンサンブル
  • ソルフェージュ

 

所属学会・社会活動

PTNA 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員
 

メッセージ

ピアノ大好き人間です。ピアノを弾くと人生に音楽がある幸せを感じます。
皆さんも自己表現を通し、何かを創る楽しみ、感じる心、熱中できる自分を見つけてください!