【重要】新型コロナウイルスのワクチン接種時等における公欠の取扱いについて

2021.08.06

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた際の公欠の取扱いについて、以下のとおりとします。

 

◯本学が実施する職域接種でワクチン接種を受けた学生

 ・ワクチン接種当日・・・当日午後(3限~)を公欠とする

 ・接種後の副反応・・・・接種日を含め原則3日間を公欠とする

             ※副反応が出た学生に限る

             ※3日間以上副反応が続く場合は教務学生部に連絡すること

 

◯本学が実施する職域接種以外でワクチン接種を受けた学生

 ※公欠届提出時に接種したことがわかる書類を添付すること(予約時のメール等)

 ・ワクチン接種日

  【接種会場が県内の場合】・・・午前に接種した場合は、当日すべて

                 午後に接種した場合は、午後(3限)から

  【接種会場が県外の場合】・・・午前に接種した場合は、前日5限~当日すべて

                 午後に接種した場合は、当日すべて

 ・接種後の副反応・・・・・・・・接種日を含め原則3日間を公欠とする

                  ※副反応が出た学生に限る

                  ※3日間以上副反応が続く場合は教務学生部に連絡すること

 

【注意】集中講義は公欠にはなりません。

※副反応については、https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0002.htmlを参照してください。

その他、疑問等ある学生は、教務学生部までご連絡ください。

 電話 097-545-0542(代表)