美術専攻

日本画・油画・ミクストメディア・彫刻

デザイン専攻イメージ

 美術専攻は、「絵画」「彫刻」を通して造形的基礎を身につけます。それぞれの専門分野の教員を中心に基礎造形力を深め、「日本画」「油彩画」「ミクストメディア」「彫刻」に分かれ、各分野の専門知識・技術を修得し、創造力と造形力を持った人材の育成を目標としています。

Admission Policy 求める学生像

美術に関心があり、夢を持っている人

油彩画・日本画・彫刻・ミクストメディアなどの創作・表現に意欲のある人

美術の歴史・理論に興味のある人

カリキュラム

1年次

前期 〈美術の基礎〉

  • 日本画
  • 油彩画
  • ミクストメディア
  • 彫刻

後期 〈美術の基礎〉

4つの分野から2つを選択

  • 日本画、油彩画
  • 日本画、彫刻
  • 油彩画、彫刻
  • 日本画、ミクストメディア
  • 油彩画、ミクストメディア
  • ミクストメディア、彫刻

2年次

前期 〈美術実技〉

  • 専門分野の追求

※1年次後期に選択した分野から1つを選択。
分野の変更も可能

後期 〈卒業制作〉

分野選択作品

  • 日本画
  • 油彩画
  • ミクストメディア
  • 彫刻

授業紹介

絵画基礎

絵画基礎イメージ担当:専任講師 八木 明知 ほか
あらゆる造形表現の基礎になるデッサンを学びます。また、伝統的な造形手法のほか、映像メディアの活用についても考えます。

彫刻基礎

彫刻基礎イメージ担当:教授 原田 裕明
塑像制作の実習により、まず素材となる粘土に親しみ、その特質を経験します。さらに、彫刻の基礎的造形を学び、立体としての存在感を感じながら表現能力を養います。

美術I

美術Iイメージ担当:准教授 中原 伸浩 ほか
4つの分野から2つを選択し諸材料、各種技法を通じ基礎的なデッサン力を身につけながら、平面、立体上の実在感や空間・量の把握等について表現能力を習得します。

美術II

美術IIイメージ担当:教授 河上 央 ほか
日本画・油彩画・彫刻・ミクストメディアから自分の専門分野を選択し、それぞれの表現技術と知識を深め創造力と造形力を養います。

美学

美学イメージ担当:准教授 荻野 哉
「美学」とは近代の西洋で成立した、美と芸術と感性を論じる学問です。本講義では、「アート」の概念について、さまざまな視点から考察します。

美術専攻教員一覧

  • 絵画(日本画)  教授 河上 央
  • 彫刻 教授 原田 裕明
  • 絵画(油彩画)  准教授 中原 伸浩
  • 美学・西洋美術史 准教授 荻野 哉
  • 絵画(ミクストメディア)  専任講師 八木 明知
  • 日本美術史 講師 仲嶺 真信
  • 現代美術特講 講師 加藤 康彦
  • 近代デザイン史 講師 山口 光
  • 版画 講師 黒木 良典
  • 工芸演習 講師 若竹 良一
  • 美術科教育法 講師 冨田 礼志
  • コンピューターリテラシー 講師 首藤 孝雄
  • 版画演習 講師 野村 菜美
  • 材料表現特講 講師 前田 亮二
  • デザイン演習 講師 脇水 由里佳

教員メッセージ

/js/kcfinder/upload/images/art/art/img_ogino.jpg

 美術におけるアプローチの仕方は、人によってさまざまだと思います。自らの感性を磨きつつ、ある時はクールな意識をもって取り組んでいくことが、「大学」 という環境では今まで以上に求められてきます。私は美学や西洋美術史などの理論系科目を担当していますが、皆さんが制作を進めるうえで支えとなるような要 素を、講義の中で少しでも面白く伝えることができればと考えています。

美術専攻 准教授 荻野 哉

取得可能な資格

中学校教諭二種免許状(美術)

目指す職業

画家/立体造形作家/絵本作家/中学校教諭(美術) 等

卒業生メッセージ

在学中の友人の存在や創作に取り組んだ貴重な経験が、今の仕事の大きな糧になっています

網中いづるイメージ
平成元年 美術専攻(絵画)卒業
[イラストレーター] 網中 いづる
学生時代は将来のことなどわからず、絵の具に囲まれ課題をこなし単位を取得していく日々。しかし在学中に得た友人の存在や、制作に取り組んだ貴重な経験は、現在の仕事に繋がる大きな糧になりました。イラストレーションの仕事として、企業広告や書籍、絵本、CDジャケット、商品パッケージやグッズ制作など幅広く活動の場があります。多くの人との連携により成立する仕事であり、コミュニケーション能力が大きく問われます。
常に新たな表現を模索し、展覧会等でプレゼンテーションしていくことも大切です。制作中、煮詰まり焦った時に「絵は時間じゃないよ」と言われた芸短時代の先生の言葉をいつも思い出します。

1989年卒業。アパレル会社勤務を経て独立。エディトリアル、絵本、広告で活動する他、アパレルブランドへのデザイン提供等。主なクライアントは講談社、文藝春秋、福音館書店、資生堂、サントリー、ワコール、ユナイテッドアローズ、アフタヌーンティー(アイビー)、トキハ 他。2007年講談社出版文化賞を受賞。TIS会員。桑沢デザイン研究所、イラストレーション青山塾、パレットクラブスクール講師

網中いづる作品イメージ