観光マネジメント

 九州地方には、湯布院や阿蘇など全国的に有名な観光地があり、エコツーリズムなど〈観光〉による地域活性化の試みも盛んです。観光マネジメントコースでは、観光学や経営・マネジメントに関する科目など実務に役立つ教育を通して、大分を中心に観光の分野で活躍できる人材の育成をはかります。「観光ビジネス実務士」(全国大学実務教育協会認定)の資格が取得可能です。

Admission Policy 求める学生像

観光業(旅行・運輸・ホテルなど)に関心があり、将来は観光関連の仕事をしたい人

カリキュラム

コース別履修科目

  • 観光業を中心に地域社会で活躍し「観光立国日本」に貢献する人材の育成

現代教養

現代に生きる職業人としての一般常識と教養の習得

1年次

前期

  • 観光総論
  • 観光英語
  • 大分の観光と文化

後期

  • 世界遺産論
  • 観光文化論
  • 観光地理論

2年次

前期

  • ホスピタリティ論
  • 観光人類学
  • 地域コンテンツ論

後期

  • グランドスタッフ実務
  • 観光ビジネス持論
  • 観光資源論

教員メッセージ

教授 疇谷 憲洋

 「世界遺産論」を担当しています。グローバル化が進み世界がますます近くなる中、「観光」に関しても、これまで以上に幅広い知識や新しい発想が必要になってきます。さまざまな世界遺産の背景、そして世界遺産の意義を学ぶことを通じて、観光関連だけでなく、これからの日本と世界についても考え貢献することが出来る基礎力を身につけましょう。

 

 

教授 高瀬 圭子  

 担当している科目「観光資源論」では、自然景観や温泉、歴史ある街並みや文化遺産などを、観光資源としてどのように活用し、ツーリズムの発展に結び付けているか、ヨーロッパの事例を日本と比較しながら考えています。視野を広げて世界のさまざまな文化を知り、地域での実践に役立ててみませんか。

准教授 宮野 幸岳

 自分とは違う「他者」との出会いが、旅の、そして観光の醍醐味です。休みを利用して実際に旅に出ることはもちろん、キャンパスのなか、プライベートな時間であっても、これから出会う未知のヒト・モノ・コトとの交流を通してたくさんの刺激が受けられます。これまで自分が体験し、学んで得てきたことを軸としながら、この新たな出会いから自己の成長を進めて下さい。私自身も、多くの学生の皆さんとの出会いを通して、刺激を受けることを楽しみにしています。

取得可能な資格

観光ビジネス実務士/観光英語検定/世界遺産検定

目指せる主な職業

旅行業/ホテル ・旅館業/旅客運輸業/グランドスタッフ etc...

卒業生メッセージ

『進学』を選んだ先輩の声

北九州市立大学文学部編入学
平成29年卒業
私が国際総合学科に入学したのは、海外と日本の繫がりや関係性について関心を持っていたためです。私はさまざまな講義を受講するなかで、さらに学びたいと思うようになり編入学を決意しました。編入学を志すにあたり、何よりの心の支えとなったのは先生方の親身なサポートです。特にゼミの先生には何度も相談に乗っていただき、無事に合格することができました。卒業後は4年制大学において日本と欧米の服飾文化の違いについて学ぶ予定です。国際総合学科での幅広い学びと、先生方の親身なサポートが自分らしい進路に繋がったと感じています。

大分大学経済学部編入学
平成26年卒業
僕はホテルの経営に携わりたいと考えています。そのため、経済や経営について学べる大分大学の経済学部を受験し、合格を頂きました。合格の支えは先生方の心強いアドバイスと、親身なサポートでした。希望する生徒には先生方が個別に編入学試験対策をしてくださり、過去問の添削や、面接練習で受験に備えることができます。大学が実施する海外留学を利用し、語学力を伸ばした友人もいました。編入学対策をする中で、僕は将来の目的が明確になり、経済について自信を持って論じることができるようになりました。短期大学では、短い期間だからこそ、ゼミナールでの学びや卒業研究に集中して取り組むことができます。編入学先の大分大学での研究は、短期大学での学びの延長線上にあります。編入学試験対策は、自分を成長させるその大切な通過点となりました。

『就職』を選んだ先輩の声

九州旅客鉄道株式会社 勤務
平成29年卒業
国際総合学科では、とくに観光分野に興味を持ちました。進路選択でも旅行というお客様の思い出づくりのお手伝いをしたく、就職先として旅行代理店を選択しました。就職活動はたいへん辛かったのですが、授業で参加したコンテストの経験が自信になったことと、自分の夢をあきらめたくない気持で努力し、無事に内定まで辿り着けました。これから社会に出て苦労することがたくさんあると思いますが、本学科で学んだことを活かし、あきらめず頑張りたいです。

株式会社トキハ 勤務
平成29年卒業
私は高校生の頃から英語が好きで、「もっと外国語を学びたい」と思っていたのと、将来は大分で就職したいと思っていたため、国際総合学科への進学を決めました。大学では1年次に英語と中国語と韓国語などを履修し、そのなかで観光関連の講義にも興味を持ちはじめました。2年次には観光マネジメントコースを選択していますが、選択コースや学科の枠に縛られずさまざまな講義を履修できるので楽しく勉強をできました。春から私の大好きな地元・大分で働けます。ここでの勉強や経験、周囲の人たちとの出会いが自分を成長させてくれたと思っています。

株式会社JALスカイ九州 勤務
平成26年卒業
私の叔母が以前キャビンアテンダントをしており、小さい頃から空港で働くことに憧れを抱いていました。また、アルバイトを通して「ありがとう」と言われる喜びを感じ、世界的にも知名度がある会社で接客業をしたいと思い、現在の会社を選びました。就職にあたり、何度も進路支援室での面接練習を重ねました。また、図書館で一般常識やSPIの勉強に取り組みました。この学科に入ったことで、日本だけでなく色んな国の文化や歴史を学べ"世界"という広い視野を持つことができました。私は大学に入って2年間中国語を学び、異なる国の語学に触れることの楽しさを知り、就職活動の面接でも中国語について話をしました。芸文短大での2年間はあっという間で短いですが、ぎっしりと身の詰まった2年間になると思います。一日一日を大切に楽しんで下さい。