教職課程について

教員養成の目標

本学の教員養成の目標は「知識と感性の調和した人間性」を備え、実践的な指導能力を有する教員の養成である。
本学では、学生の個性を尊重し、「知識と感性の調和した人間性」を涵養する教育を行うことを理念の一つとしている。美術科・音楽科ではそれぞれ学科の特性に応じたカリキュラムを編成し、様々な機会を通じた実践創作活動・実技体験活動を重視している。こうした芸術教育に関する豊かで実践的な専門教育に加え、教職理論・実習を系統的に履修させることによって、教科指導・生徒指導等の実践的な指導能力を有した教員の養成をめざしている。

教員養成に係る組織

教職課程教員一覧

石村 華代

教職概論/教育原理/教育社会学/学校経営/教育課程論/道徳理論・指導法/教育方法・技術論/特別活動及び総合的な学習の指導法/教育実習研究/教育実習/教職実践演習(中学校)

中島 暢美

教育心理学/特別支援教育/教育相談の理論と方法/生徒指導の理論及び方法/教育実習研究/教育実習/教職実践演習(中学校)

永井 学

美術科教育法/教育実習研究/教育実習

髙田 喜夫

音楽科教育法/教育実習研究/教育実習

教職関連科目の構成

 教員免許状取得に必要な科目(教職関連科目)の構成は以下のとおりです

 1、教科及び教科の指導法に関する科目
 2、教育の基礎的理解に関する科目等
 3、大学が独自に設定する科目
 4、免許法施行規則第66条の6で定める科目

教職関連科目の特色

本学教職課程では、2年間の学修課程において、教員として身につけるべき力量や資質を系統的に身につけられるようにカリキュラムを編成しています。

1年前期

  教養教育科目および免許法施行規則に定める関連科目などを中心に、様々な分野に関する知識や経験を広げ、視野の拡大を目指す。とくに教職に対する理解を深めることに重点を置いている。また、道徳教育の理解、教育行政についての理解を目指す。さらにこの時期には介護等体験を通して、様々な立場の人々に接することで、他者と協力・支援することの重要性やコミュニケーションの重要性を体得させる。

1年後期

教育の基礎となる理論を習得するとともに、指導法の実践的な習得を目指す。また教育現場に活かされる教育心理学の必要性について学ぶ。さらに教科指導法の原理や実践的指導法の習得を行う(美術科は1年前期)。教育実習の事前指導もこの時期から本格的に行われる。

2年前期

生徒指導・教育相談についての理解と実践力の涵養に努める。この時期に行われる教育実習の事前指導が1年次に引き続き行われる。

2年後期

教育実習の事後指導を行い、さらに教職実践演習を通して、実践的な指導能力の涵養と教職課程での学びの統合を行っている。加えて、2年間の学びを振り返り、自己の課題を抽出し、各自の長所の伸長と短所の改善を狙う。

教員養成に係る授業科目

教職関連科目履修年次一覧表(令和3年度) (73.7KB)

卒業者の教員免許状取得の状況(過去5年間)

卒業年度 H29 H30 H31 R2 R3
美術科  4名 5名 13名 11名 5人
音楽科 31名 36名 33名 40名 48人
35名 41名 46名 51名 53人

※美術科は中学校二種(美術)、音楽科は中学校二種(音楽)

卒業者の教員への就職状況(過去5年間)

卒業年度 H29 H30 H31 R2 R3
中学校美術 1名 0名 2名 1名
中学校音楽 2名 4名 2名 8名 7名
その他 1名 3名 1名 3名 5名
3名 8名 3名 13名 13名

※臨時講師等を含む